UVケア豆知識:カテゴリー

スポンサードリンク

紫外線対策の豆知識 SPFとは? PAとは?

紫外線の種類

紫外線は、学術的には波長が10-400nmの不可視光線のことで、
さらに細かく、近紫外(200-380nm)、遠紫外(10-200nm)、
極端紫外線(10nm以下)に分類されます。

近紫外線にはA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)がありますが、
地表には到達しないC波(UVC)(つまり、日焼けには影響しない)は除き、
A波(UVA)、B波(UVB)について解説します。

・UVA(315-400nm):皮膚の真皮層に作用し蛋白質を変性させます。
 細胞の機能を活性化させる機能があります。UVBによって生成された
 メラニン色素を酸化させて褐色に変化させます。
 つまり、皮膚を黒くして、しわ、たるみの元になるわけで、
 遺伝子をも傷つけます。
・UVB(280-315nm):表皮層に作用しますが、色素細胞がメラニンを
 生成し防御反応を取ります。これが日焼けと呼ばれる現象です。
 また、UVBには発癌性が指摘されていますが、発癌するのは
 高齢者、しかも肌の露出した部分のみというケースが多いようです。
 

SPFとは?

SPFとはSun Protection Factor の略したもので、
紫外線B波の防止効果を表す数値です。
数値が大きいほど防止効果が高く50以上のものは
50+と表示されています。
(シミ対策と考えるとわかりやすい)
紫外線が特に強い海や山にいるときには、50+が必要ですが、
買い物や散歩のときなどは、10~20程度で十分です。
30以上になると肌のかぶれを起こしやすくなるので注意が必要です。


PAとは?

紫外線A波をどのくらい防止できるかという目安です。
PA+~+++の3段階に区分されています。

skin-1.jpg

コメント(0)  | トラックバック(1)  | UVケア豆知識

TOPPAGE  TOP 

Page: 1

サイト内検索